スポンサーリンク

こんにちは、keiyuです。

ワーホリといえばオーストラリアというくらい有名で人気があります。

2018年11月にセカンドビザのさらに上「サードビザ」の発給が新たに発表されました。

今後最長3年オーストラリアでワーホリをする事が可能になります

そのサードビザについて色々と調べてみました。

発給条件と開始時期

サードビザ発給の条件と開始時期は

•The option of a third-year for subclass 417 and 462 visa holders who, after 1 July 2019, undertake 6-months of specified work in a specified regional area during their second year.

とあり、2019年7月1日より、セカンドビザ中にある特定の仕事を特定の場所で6カ月働く必要があります。

セカンドビザとの相違点

セカンドビザ発給の労働期間は3カ月に対して、今回のサードビザはその2倍の6カ月です。

セカンドビザとは違い、しっかりと計画をし、条件クリアを目指さなければ厳しいと思われます。

スポンサーリンク

サードビザ発給に伴うその他の変更点

  • •From 5 November 2018, increasing the period in which subclass 417 and 462 visa holders can stay with the same agricultural (plant and animal cultivation) employer, from 6 to 12 months.

2018年11月より農業等セカンドビザ、サードビザ発給対象の特定の仕事、場所において、1雇用主の元で12カ月まで働けるようになりました。今までは1雇用主の元で最大6カ月迄でした。

レストランやシティでの仕事はこれには含まれません。

年齢制限引き上げ、35歳でワーホリがいける日も秒読み段階↓

サードビザ発給の理由

  • How will these changes address regional workforce shortages
    •The key focus is on providing farmers with immediate access to workers in key parts of regional Australia. The changes aim to increase the number of Working Holiday Makers available for seasonal work needs.

昨今の農業等の人不足を解消するために、ワーホリメーカーへのサードビザ発給へと至ったようです。

発給に関しての特定の仕事とは

 

What does plant and animal cultivation include

Plant and animal cultivation includes most agricultural work, such as:
•the harvesting and/or packing of fruit and vegetable crops
•pruning and trimming vines and trees
•general maintenance crop work
•cultivating or propagating plants, fungi or their products or parts
•immediate processing of plant products
•maintaining animals for the purpose of selling them or their bodily produce
•immediate processing of animal products including shearing, butchery, packing and tanning
•manufacturing dairy produce from raw material.

ざっと目を通しましたが、セカンドビザと同じ内容でした。

かなり特殊な仕事にしぼられるのではと思ってたんですが、その心配もなく、比較的仕事が多く見つけやすい農業でのピッキングやパッキングで十分いけそうですね。

日経新聞にて

11月5日の日経新聞にても発表されていました。

オーストラリア政府は休暇を楽しみながら就労もできる「ワーキングホリデー」利用者の滞在期間を現行の最大2年から3年に延長する。農家の人手不足が深刻なことに対応し、農作業などに一定期間従事すれば期間の延長を認める。豪州のワーホリ制度は日本でも人気で、現在約8千人の日本人が制度を利用して豪州に滞在している。

日本や英国、韓国などの若者が利用する豪州のワーホリ制度は原則、滞在期間は1年間。ただ、1年目に3カ月間、豪政府が定めた地域で農林水産業や鉱業に従事した場合、2年目の滞在が認められる。新制度ではこの2年目にさらに6カ月間、農作業などに従事すれば3年目の滞在も認める。新制度が適用されるのは2019年7月以降。

まとめ

サードビザの条件は、セカンドビザとは違います。

セカンドビザより2倍の期間を新たに働く必要があります、それが非常に厄介になるかもしれません。

セカンドビザを取れたから余裕と思わず、しっかり計画をたて準備する事が成功への近道でしょう。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。
↓↓↓応援お願いします↓↓↓


にほんブログ村

Follow ME

おすすめの記事