スポンサーリンク

 

こんにちは、keiyuです。

オーストラリアは日本より時給がかなりいいのはご存知でしょう。

現地の企業で最低時給を守っている会社であれば時給20ドル前後もらえるのが普通です。日本円にして1800円程になりますね。

職種ごとに時給は変わってきますが大体どの職種でも稼ぐことはできます。しかし、多くの仕事では知識や経験、英語力などが採用に影響します。

そんな中、経験知識英語不要なのに高時給で履歴書もいらないかもしれない、誰でも働ける仕事があるんです。

そんな夢のような仕事について紹介しましょう

経験知識英語不要な仕事とは

日本ではレストランの仕事の中で誰もがやって当たり前の仕事です。それはDishwasher。皿洗いです。

皿洗いといっても、調理器具なども洗ったり掃除も多少するとは思うんですが、調理やサービスに関わることはありません。よって、調理や接客に関する知識や経験はいりませんし、英語力も重要ではありません。

日本の飲食店で働いたことがあれば少なからず食器やグラスを洗ったことがある人が多いのではないでしょうか。日本では洗う仕事は手が空いた人がやったりする事がほとんどで、専属で皿洗いの仕事ああまり見かけないのではないでしょうか。

ここオーストラリアではSishwasherは多くのレストランで必要としているポジションであり、滞在者も恩恵を得る事ができる重要な仕事であります。

スポンサーリンク

時給と勤務時間数は

給料は最低賃金はもらえるので20ドルくらいでしょうか。

片付けの仕事なので入りは遅く1番最後まで残る仕事になります。ディナーの仕事であり夜遅くまで営業していれば、深夜手当もつきます。

週7ある飲食店では二人ほどdishwasherを雇うので週3か4での仕事になります。

逆に週6日しかなければあなたの仕事次第では独占できるかもしれません。そのかわり休めない週6入るのが前提となってしまいますけど。

ローカルレストランに多い仕事

日本ではあまり馴染みのない仕事ですので、現地日本食レストランでは専属っていうのは見かけないポジションです。

しかし、オーストラリア企業やアジア人のオーナーではない多くのレストランやカフェで雇用しています。そのほかのポジションもそうですが、オーストラリアと日本では働き方が全く違います。きっちり割り当てられた仕事をこなす事が重要であり、他の人の仕事に手を出してくる人はいません。与えられた仕事を全うする事が最優先とされています。

求人はどこでみつけるか

インターネットで探すのが1番手っ取り早いですが、ライバルは多いです。そこで3つ方法がありますので紹介しましょう。

紹介

友人に紹介してもらう方法です。紹介してもらうだけなので楽です、大体レジュメもいらないことが多くすんなりレストランにも溶け込めます。が、紹介待ちはなかなか条件が合わないと難しいので運が相当よければって感じでしょう。

スーパーの掲示板

スーパーには大体掲示板があり、シェアメイトや車の売買などのメモが貼られています。その中には、仕事の求人もあります。たくさんあるわけでもないので、ここで見つけた場合は競争率は高くないと思われます。

レジュメ配り

片っ端からレストランにレジュメを配る方法です。

配る際にDishwasher を探しているとは言わない事、又レジュメにも書かないように。仕事を探している、何でもやりますっていう程で行きましょう。

Dishwasher のデメリット

Dishwasherにはメリットばかりではありません。

モチベの維持

とまあ、いいことづくめかといってもそうではないのが仕事でして、ただ皿洗うだけなので飽きるのと、洗うものが無ければ仕事はないので入り時間や帰宅時間はもろ皿の量に比例します。

ライバルは多い

そして誰でもできる仕事と言うことは海外からきて間もない人や英語に自信がない人からすればやはり魅力的です。さらに誰でもできるという事は替えはいくらでもきくのでしっかり働かないとクビになる可能性があります。手際よく洗っていけるように心がけましょう。

最後に

誰でもできますが、誰もが働けるかは運次第。Dishwasher はすごいラッキーな仕事です。

現地で働く際に気にする英語や働く事においての経験知識などがいらないのは、日本であまり仕事を経験したことない人にとってもチャンスがある仕事です。

だからこそ、dishwasherの仕事を手にした際は手放さないように、しっかり働きましょう。

 

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。
↓↓↓応援お願いします↓↓↓


にほんブログ村

Follow ME

おすすめの記事