スポンサーリンク

 

こんにちは、keiyuです。

日本の図書館をkeiyuは使った記憶が数回しかありません。しかし、オーストラリアやニュージーランドではワーホリ序盤や暇つぶし等で大活躍する施設です。

そこで今回は、海外での図書館の重要性とメリットについてお話しましょう。

図書館でできる事

国それぞれで多少異なるかもしれませんが、ワーホリや留学において図書館が重要なのはちがいありません。

英語の勉強

机や椅子はもちろん、各国で図書館では静かにするのはルールです。どこの国でも勉強しやすい環境に違いはありません。英語の本や雑誌等もあるので興味があるものは借りてみるのもいい勉強になるでしょう。

情報収集

無料Wi-Fiが完備されており誰でも接続できます。ワーホリの多くの人は渡航後バッパーに滞在する人が多いと思いますがバッパーの多くはwifiが有料の場合が多いです。繁華街であればwifiのある場所はありますがあまり回線は強くないし、ベンチも確保できる保証はありません。屋根もないところもあり雨の日では使いたくないですね。 free Wi-Fiを掲げているファストフードの代表格マクドナルドはwifiが使えない事が多いです。

そこで図書館です、イスはもちろん机もあり、wifiも多くの人が使うため強いです。飲食可能な図書館もあるので1日中居れますね。

暇つぶし

DVDを観たりCDを聴いたりできるブースがあります、会員じゃないと使えない場合や予約制のところも少なくないので使用の前に確認してください。1人用やグループ用などのブースが用意されています。オセアニアの図書館は飲食おkが多いのでポップコーンやコーラをもちこんで1人映画館を楽しむことも可能です。

勉強会やグループ会議等

小さい部屋から大きい部屋の会議室が図書館にはあります。要予約ですが無料で時間制で使用できるところがほとんどです。友人との勉強や旅行計画など立てる時に使えますね。

CD/DVD/本の貸し出し

貸し出しカードを作る必要はありますが、無料でかりれます。ゲームや漫画を貸し出してるところもあるので興味があればどうぞ。

スポンサーリンク

最後に

 

図書館でできることはたくさんあります。海外生活序盤から最後まで図書館にはお世話になる人もいるくらい海外では身近に感じるでしょう。うまく使って生活に役立てましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。
↓↓↓応援お願いします↓↓↓


にほんブログ村

Follow ME

おすすめの記事