スポンサーリンク

 

こんにちは、keiyuです。

ワーホリ生活にもいつか終わる日がやってきます。ビザを変えて滞在する人には関係ないお話ですが、ワーホリ終了後出国する人達にとって、忘れがちな事、面倒で後回しにしたりすることは少なからずあります。

そこで、今回はワーホリ帰国前に必ずやっておくべきことについてお話します。

銀行口座の閉鎖

オーストラリア、ニュージーランドには口座維持費のかかる銀行があります。そのような銀行であれば必ず口座を閉鎖しましょう。

また口座維持費がかからない銀行であっても今後必要ではないのであれば、閉鎖し余分なクレジットカード等は破棄しておきましょう。

インターネットの口座であれば別の話で、海外の利息は日本より随分いいのと維持費はかからないので、インターネットの口座を維持し続ける事に問題はありません。もちろんクレジットカードは作れないので利息をつけるという意味でおいておくしかできませんが、金額が大きいのであれば置いておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク

車、バイク等の処分

帰国前に必ず自分の手で処分しましょう。捨てて行くなんてもってのほかです。友人に譲る場合や買ってもらう場合でも必ず、譲渡手続きをしてから帰国しましょう。

まぢでうれなーいってなる場合は格安で売りに出すか鉄くず業者や修理業者等に連絡とって見ましょう、少しですがお金にはなるはずです。その際の手続きなどは業者がやってくれるのでその手間だけは省けますね。

オーストラリアの電化製品や自転車は日本で使えなかったり運ぶのが大変です。相当いいもの出ない限り、売りさばきましょう。これらのものはセカンドハンドが当たり前の国ではすぐに売れます、値段をあらかじめサイト等で調べ妥当な値段で売りさばいてしまいましょう。

住居の引き払い、光熱費の解約

これは賃貸の方場合ですが、オーナーとしっかり退去する前にお話ししましょう。常日頃うまくやっていればそう揉めることは無いと思います。掃除も日頃からある程度していれば退去前にさほど苦もなく終わると思います。

家を借りているとガスや電気会社と契約しているはずです、それらガスや電気などは余裕持って解約手続きをしておきましょう。インターネットは最近主流の年契約が多いので、もし中途解約になれば違約金等の可能性があります、次の人が既にきまっているのであれば継続契約してくれないか話あってみましょう。

最後に

帰国と決れば特に解約手続きは早く行動しましょう。掃除やメンテナンス等を日頃からしていれば、片付けや大掃除は楽ですね。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。
↓↓↓応援お願いします↓↓↓


にほんブログ村

Follow ME

おすすめの記事