スポンサーリンク

こんにちは、keiyuです。

2017年末頃に、日本の住所でオーストラリアのNAB口座を作成。

先日、NABから手紙が届いたという連絡が日本の実家からありました。

内容だけ写メってもらい、送ってもらうと、CRSに関係する事でした。

  • 放置していいのか
  • CRSとは
  • 本当に銀行からか
  • 対処法は

と色々不安になりましたが解決しましたのでお話していきます。

 

今回届いた手紙

スポンサーリンク

放置していいのか

  • タックスに関係する僕の情報をアップデートする必要がある事
  • もし申告しなければ、監査が入り然るべき措置を取られるという事

が書かれていました。

要は直ぐにでも対応すべきという事ですね。

今回のこの手紙が送られてきた理由として、2018年から始まるCRSの情報交換の為だそうです。

CRSとは

CRSとはCommonReporting Standard(共通報告基準)の略称。

各国の金融機関が口座保有者の居住地の確認し、口座保有者が非居住者であれば、日本人はマイナンバーを提出する必要があります。

本当に銀行からか

昨今詐欺などが多いので、本当に銀行からなのかと疑ってしまいますよね。

この手紙の封筒には一切NABのロゴなどもなくかなり怪しかったんです。

マイナンバーを登録しないといけないので抵抗が大きいですよね。

手紙にはHPのアドレスも書いてあったので、まずはチェック。

結果NABと判明したので、一応信じて先へ進むことにしました。

対処法

問い合わせ方法を見ると、電話もしくはメールで対応可という事。

メルボルンの時間での営業の為、電話で問い合わせる場合は注意してください。

必要な物

  • 電話番号
  • マイナンバー(TIN)
  • 申請用紙

今回はニュージーランドに滞在していたのと、オーストラリアへは行ったり来たりの為メールで問い合わせをしました。

電話番号を教えると、申請用紙がメール宛に送られてきました。

マイナンバーと住所、手書きのサインして提出。

以上です。

やる事は非常にシンプルでした。

最後に

いきなり英語で手紙がくればドキッとしますが、放置せずにすぐチェックしましょう。

このような事態が嫌であれば、帰国前には銀行口座を閉めましょう。

口座を閉めずに帰国する場合は、手紙が届くように日本の住所を登録しておく事を忘れないように。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。
↓↓↓応援お願いします↓↓↓


にほんブログ村

Follow ME

おすすめの記事